第2回 平田先生の健康コラム

第2回 人は『何か』を通して人とつながる

皆さん、こんにちは。親和治療院の平田です。このコラムが掲載される頃は、すでに梅雨の真っ只中でしょう。ジメジメとして嫌な季節が続く訳ですが、“ジメジメ”と聞いて皆さんは何を連想されるでしょうか? “乾かない洗濯”、“風呂場”、“靴の中”etc. そして、よく有る“人間関係”。 “ジメジメ”嫌ですね~。

雨に濡れた洗濯ばさみweb あじさいとかたつむりweb

当たり前の話で“人間関係”と銘打つからには、自分一人では無い訳です。他人様だけでなく、家族も同じ。 じいちゃん、ばあちゃん、父さん、母さん、兄ちゃん、姉ちゃん、僕、私、弟、妹が居る。昔から“血は水よりも濃い”と言いますが、それでは他人様との関係では“人間関係”という言葉が成立して、血のつながりに関しては、何故、“人間関係”という言葉を使わないのでしょうか?

私は、「家族」は社会の構成単位の掛け買いのない基本単位と思っています。ですから、「家族」は“人間関係”の一番最初になる訳です。

家族001web

さて、“ジメジメ”ですが、他人様との“人間関係”に比べ、家族は“ジメジメ”を感じないのは何故か?(親類縁者に枠を広げると、“ドロドロ”が強くなる事も有ります。(笑)) それは、“血”“魂”の結び付きが有って、一つの“家”(建物では有りません)を成しているからです。どんな境遇の人でも、“家”に生まれ、育ち、世の中に出て、一人立ちをして、また新しく“家”を作るのです。 今回の題名の“『何か』を通して”の一番最初の『何か』は誰でもまず“血のつながり”が最初なのです。

さて、一人の人間が存在するという事は、必ず“夫婦”がある訳ですが、“夫婦”は『何』を通してつながっているのか? 「愛してるよ」「私も」なんて言ったのは、もうウン十年も前の事、今は1~3年経てば化石化して、風化してあとかたも無くなってしまう。 昔は「同じ墓に入る」という事で夫婦はつながっていた。でも今は熟年離婚。しまいには“夫原病”なんて病名まで生まれる。ニュースを見ると、平気で自分の親を、そして子供を殺めてしまう。そんな世の中だから、男性も女性も結婚出来なくなってしまう。これは、つながる『何か』が分らなくなっているからです。

老夫婦022web

基本的に“家”を未来につなげていく為に、夫婦になるので有って、薄っぺらな“愛もどき”は『何か』には値しません。だから“家”が崩れていく。そして、そこで育った子供達は、人とつながる『何か』を認識できないから、社会に出ても適合性が無い。

働く場所(職場)には、明確な『何か』 は有ります。それは、そこで扱うモノ(コト)を通して、社会に貢献することです。今の時代、ブラック企業、ブラックバイトの様に、ドロドロ、黒々している処も有りますが、いずれにせよ、世の中に出れば、少しでも社会の役に立つ事こそが『何か』であり、それを通して、人とつながるのです。でも、周りの人達が全て良い人々ばかりでは無い。ひとくせ、ふたくせ、ひねくれているのも当たり前。そして、“ジメジメ”と「人間関係」に巻き込まれ、心にカビが生え、体の調子も悪くなる。

縁001web

さて、私にとっての『何か』はもちろん、皆さんの“身体”です。でも、それは細胞一つ一つに“心”の宿っている“身体”です。古くからの私の患者さんは、私が「うーん、この身体は一刻も早く会社を辞めたがっているね。」と言っても、「やっぱり、バレましたか。」と言って驚きもしない。ウチの治療院ではこんな会話が当たり前です。 “身体”はウソをつきませんから。

マッサージする手2

皆さんも、“家=家族”や“職場”での『何か』を再考してみてはどうですか? そこが解ると“ジメジメ”の半分は無くなります。あとは私の処へお越し下さい。私も少しは皆さんの“乾燥剤”になるかもしれませんから。

それでは、また・・・。

「未病を治すかながわ宣言協力店」本登録完了!

2015年6月5日付で、神奈川県知事の黒岩祐治様より「未病を治すかながわ宣言協力活動」協力店への本登録通知をいただきました。同時に神奈川県保健福祉局保健医療部健康増進課のご担当者からステッカーと、「未病」等に関するチラシが届きました。

各加盟店にステッカー掲示とチラシの配架をいたします。「健康ポスティング」のさらなる普及、「未病を治すかながわ宣言協力活動」を通じて、市民の皆様の健康寿命の延伸に貢献してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

20150605未病を治すかながわ宣言協力店ステッカー(610×621)

20150605未病を治そうチラシ